ブロカツ

ブログするか、カツレツか。 運営者が想いを熱く語る、脂ギッシュなブログです。 記事の中身は時々オイリー、でも言いたいことはスパッと油切れよし。 みんなも、れっつカツレッツ。てかカツレツってなんやねん

「俺の失敗は俺が決める」を抜粋して

「俺の失敗は俺が決める」を抜粋して

 

最近ハマっている、レペゼン地球。

その中の「-0-東京(ゼロ東京)」という曲の、この部分の歌詞が好き。

 

俺の失敗は俺が決める

俺の限界は俺が決める

俺の人生は俺が決める

俺ならできる

俺ならできる

俺には俺がついている

 

 

 

そう。「失敗」なんか周りが勝手に決めつけた概念であって。

「失敗」を「経験」と思えている人が本物。

 

失敗かどうかは、自分が決めたらいい。リセットせずにコンティニューし続ければ、ただのプロセス。経験値。

障害だって、周りが病名をつけたから「障害者」なのであって、自分の捉えかた次第では「個性」となると思う。

失敗は、べつに恥ずかしいことじゃない。

叩かれたって、スルーをするーのですー。

そんな時は、大切な人が隣で味方でいてくれたら、守ってくれたら、それでいい。

 

華僑のスタンダードでは、起業して失敗した後に再起業する人は、信頼され応援されるらしいよ。

なぜなら、失敗のやり方を知っているから。

立ち直ったメンタルを知っているから。

まだまだ日本は失敗に対して厳しい空気感が蔓延っていると思う。

失敗をも経験できないことこそ、本当の失敗なんじゃないの。

60歳になった時に絶対後悔するパターンw しらんけど。

 

 

 

失敗した後、そのあと成長できるかどうかは、自分の責任だと言える人。

だって、すべての選択は自分次第だから。

「自由」と「責任」はいつだってニコイチ。

 

相手のせい、社会のせい、政治のせい、運がなかったせい、日本のせい。

自分を被害者にするのは楽だけど、なんにも未来に繋がらない。

基本的には、徹底的に愚痴らないスタンスがいいんじゃないかな。本質的な部分では。

 

「俺ならできる」「俺には俺がついている」

という、根拠のない自信。

この言葉を言える人って、すべての結果を自己責任として受け入れる覚悟があるからこそ、自然と出てくる言葉なんじゃないかなあ。

 

 

 

安心安全が約束された道。

誰かの作ったレール。

誰かの作ったルール。

誰かの作ったオール。

 

RPGを攻略本読みながら全クリして、なにが楽しいの。

そんなの、シュール。

 

もっともっと、負けられる環境に行きたい。

もっともっと、失敗できる環境へ。

 

 

 

なんかちょっとだけかっこつけた記事書いちゃった。いひひひひ。

ざっつおーる♡

 

では股\(^o^)/