ブロケツ

ブログするか、ケツ出すか。アラサー女1人社長のぶっちゃけトーク。

生き方

鬱になったことのない人間が、鬱について物申す!

私は、鬱患者でも、過去に鬱を抱えたでもなく、医者とかでもない。普通に健全なメンタルを持った、ただの一般人です。 でもそういう人が鬱についての記事を書くって、意外と貴重じゃ? ということで、私が鬱について日頃どう思っているのかを書いてみるね。 …

愛を込めて。鬱の人をバッサリ斬る (物理的対策)

今日は、鬱と診断され現在治療中の人、軽度でも鬱のような症状を抱えている人、またはストレスフルな生活を送っている人に向けての記事。 鬱を根本的に直すには、まずこれしかない ①鬱の原因から離れること ②たくさん眠ること レムホテル ホテル グレートモ…

「俺の失敗は俺が決める」を抜粋して

最近ハマっている、レペゼン地球。 その中の「-0-東京(ゼロ東京)」という曲の、この部分の歌詞が好き。 俺の失敗は俺が決める 俺の限界は俺が決める 俺の人生は俺が決める 俺ならできる 俺ならできる 俺には俺がついている そう。「失敗」なんか周りが勝手に…

ギフテッド

私が尊敬していて大好きな人に、「ギフテッド」という言葉を教えてもらった。 その人の息子さんは発達障害者なのだけど、それを踏まえた上で前向きに生きられるよう、今アメリカで暮らしている。 「Gifted(ギフテッド)」、直訳すると「授かったもの」。つま…

心の虎を、飼い馴らす

チラッと何度か書いたけど、自分の中に男と女、両方飼おうと思ってます。 今までは、「生きる意味とはなにか」「幸せとはなにか」みたいに、精神的な世界に行きがちだった。 いわゆる、自分に生まれつき備わってる女性性のチカラ。 でも、今年は特に「実際の…

プロフィール (今さらかよ!

3人姉妹の長女として誕生。 中学受験し、進学校に通っていました。 学生時代の将来の夢は、音楽療法士。 子供の頃から、人とは少し違うことをするのが好きでした。 大学生の時に短期語学留学でNYに行き、世界一周のことを知りました。 在学中にたくさんアル…

元彼はきっと全部わかっていた

前の記事で書いた、「見守ることが本当の助け」ということ。 過去に親もずっと見守っていてくれた(いる)けど、私にはもう1人感謝すべき人がいる。 それが、元彼だ。 「自由」をなによりも愛する私を、理解してくれた。 彼女を独り占めしたい、束縛したい気持…

何も言わず見守ることこそが本当の助け

大抵、母親って小うるさいものでしょ。 「アレしなきゃダメよ」 「コレしなきゃ後で後悔するよ」 「あなたのために言ってるのよ」 「あなたのことを一番わかってるのは私よ」 とかって。 うちの家庭は、良い意味でいつも「放任主義」だった。 就職せずに世界…

どこにも居場所がなかった

よく人から、 「いろんな側面がありすぎてどれが本来のあなたかわからない」 「不思議な人だね」 「変わった人だね」 などと言われてきた。 実際に、ここ最近までは私自身も上手く答えられなかったし、悩んでいた。 どこにいても自分じゃないような気がして…

平成生まれこそ最強

感性が凝り固まって老けた人に、「マジ卍」という言葉のクリエイトはできますか?できないでしょ。 発想の柔軟さは、いつも感性の若い人から生まれる。 0から1を生み出すイノベーションはそれだけ尊い行為。 「だからゆとりはダメだ」「これだから平成生まれ…

アンチエイジングは感性から

昔は「女は12月25日のクリスマスケーキ」、つまり25歳を過ぎたら急激に需要が下がって値引きシールが貼られ、女としての価値が下がると言われていたらしいよ。 時間とは皆に平等かつ残酷なもので、20代の女の綺麗可愛いを刻一刻と奪ってゆく。 25を過ぎアラ…

風になりたい

「風」はとどまることを知らず、どんな場所にも柔軟に形を変えて吹き込み持ち前の力を発揮する。 形は無くとも確かに存在し、葉が揺れたり、髪がなびいたり、雲が流れたり。心地よい風が吹いているんだと人々に気づきを与える。 風になりたい。 あなたの常識…

好きなことば

こんにちは、夏だというのにここ数ヶ月で太ってしまって露出できないおーみです。 冷やし中華、はじまりません← 誰も私の好きな言葉なんて興味がないだろうけどw 日々の生活に追われて自分を見失わないように、自分のための備忘録として今日は書きます~ 私…