ブロケツ

ブログするか、ケツ出すか。アラサー女1人社長の等身大ぶっちゃけトーク。

チョコレートでも世界一周出来るよ!【サードウェーブチョコ】

f:id:omidesu:20170820003226j:plain

 

どうも おーみ です。

聞いて聞いて!今年のバレンタイン時期からずっと欲しかったけど売れ切れだったチョコレートを、やっと先週ゲットしました!わーい!

サードウェーブチョコレートの先駆けと言われる、「Minimal(ミニマル)」さんの世界一周チョコです。^^

 

f:id:omidesu:20170820001805j:plain

 

 

 

<サードウェーブとは?まずは意味をおさらい>

その前にみなさん、「サードウェーブチョコレート」って知ってますか?

大のチョコ好き、もしくは大のコーヒー好きの方ならもう聞き慣れた言葉かと思います。

数年前からだいぶ知名度の上がった言葉ですが、ここでもう一度簡単に説明しておきますね。

 

 

まず「サードウェーブ」についてですが、これは直訳すると「第3の波(流れ、ブーム)」ですね。

広義で私なりの解釈で言うと、今まで世の中の主流だったものから、新しい流れが来ていること全般を表しています。

 

現代社会は、消費者のモノやコトに対する意識も大きく変わり、昭和の大量消費 すなわち「量」の時代から「質」の時代へと移っているさなかです。

サードウェーブとは、生活レベルが上がり心が豊かになった人達の、新しい価値観の流れを意味しています。

 

 

 

もともとは、コーヒーに対してよく使われている言葉でした。

サードウェーブコーヒーを簡単に説明すると、生産者の顔が分かったり、商品に対する想いやこだわりが詰まっていたり...まさに量より質を重視して、上質なコーヒーの味や特徴を楽しもう♪という考え方です。

 

1の波 は19世紀後半以降の文化を指します。当時アメリカでは、流通が発達してコーヒーが安価に飲めるようになりました。コーヒーの大量生産・大量消費の時代です。

 

2の波 は大体2000年頃までを指します。チェーン店が都市部に広がり、既に認知度が高かったコーヒーはお洒落に飲むスタイルが流行しました。

 

3の波 は現在までの流れを指します。世に広くコーヒーが知れ渡った今こそ原点に戻り、11杯にこだわりを持って美味しく飲もう、という消費社会に対する次世代の新たな価値観です。

 

 

 

ふー。なんとなーく、分かってもらえたかな~?^^

余談ですが、第4の波(フォースウェーブ)とかもあるみたいです。そこまで数字が増えるともう訳わかりません。

どんどん数字足せばいいと思ってんのかーーー!(怒り)

ちなみに第4は、「立ち飲みバルのようなスタイルなど新たな形態のお店」だとか、「自宅で更に美味しくコーヒーを淹れるマシン」だとか、「コールドブリュー(長時間水出し製法)」だとか いろんな説が飛び交っていて、まだはっきりとは定まっていないようですw

 

 

更に余談ですが、日本でサードウェーブコーヒーの先駆けと言えるお店は「猿田彦珈琲」だと言われています。

元々は恵比寿にしかなかったけど、最近支店も増えましたよね。私もここのコーヒーが大好きです!

ちなみに私はホットハニーラテが一番好きです。蜂蜜のコクとオレンジピールの香りがほのかにして、美味しいよ♪ よければぜひ飲んでみて~。

 

 

 

<サードウェーブチョコレートとは>

コーヒーと同様に、チョコレート業界も今、サードウェーブが大人気です。

 

サードウェーブチョコレートの同義語として、よく「Bean to Bar」と呼ばれたりもします。

こちらは直訳すると、「豆(原材料のカカオ) から  板チョコ(商品の完成)」までという意味。

 

コーヒーと同じくチョコレートも、原料となるカカオの産地や種類、焙煎具合、製造過程によって味わいが大きく変わります。

私は、「コスパや大量生産を第一の目的とせず、生産者や商品へのこだわりに意識を向けて作られた商品」が、サードウェーブチョコレートの大まかな定義かな~と思ってます。

 

そして日本でサードウェーブチョコレートの火付け役のお店が「Minimal(ミニマル)」だと言われています。

今話題の奥渋(奥渋谷)エリア内の富ヶ谷に本店があります。

 

 ミニマルのHP ↓

mini-mal.tokyo

 

 

 

<私が買った世界一周チョコレート>

ようやく本題に入れますw

前置きはもっと簡単に説明するつもりだったけど、ついアツくなってしまいました。

 

昔バックパッカーで世界一周した身としては、「世界一周」というワードにはついつい敏感になってしまう私。

このチョコレートを発見した当初は、店舗でもネット販売でもずっと売り切れが続いていて、買うことができませんでした。

8種類の生産地の異なるチョコを食べ比べして、チョコレートで世界一周してみようという遊び心たっぷりの商品。パッケージも可愛いの。そりゃ人気ですよね。

 

 

でも最近久しぶりにミニマルを覗いたらなんと棚にデーンと鎮座していらっしゃるではありませんか!スタッフさんによると、今なら在庫があるとのこと。

ってことで、金欠だけど衝動買いしました。実は結構高いのです、お値段約6000円。

 

ここからが私の天才的なひらめきなんですけど、8種類のチョコはそれぞれ3枚ずつ入っています。

ちょうど3人でお店に寄っていたので、「11枚ずつシェアすれば2000円じゃないか!?」という発想の元、安くで世界一周できる運びとなりました♪

(ちなみに2人は最初あんまり乗り気じゃなかったけど、私がアツくプレゼンしたらノリノリになってた。しめしめ)

 

f:id:omidesu:20170820001835j:plain

 

f:id:omidesu:20170820001851j:plain

(写真はチョコが各種1枚しか入っていません。本来3枚ずつの商品です。念のため) 

 

  

まだ食べてないんだけど、贅沢に1日で世界一周しちゃって味の比較を楽しむか、自分へのご褒美として毎週1個ずつ食べてゆっくり世界一周するか、絶賛迷い中です。真剣勝負です。

 

 

 

<市販での買えるBean to Barチョコレート>

私はチョコレート大好き人間なのですが、いつもいつも高級なチョコレートを食べられるわけじゃありません。

むしろ、特別な時の自分へのご褒美。たま~にです。

でも、市販のチョコでも美味しいもの食べたい!ですよね? みなさんも。

 

 

もう以前にかなり話題になったので、今さら説明はいらないだろう感のある市販のチョコレート商品なんですけど、ここで改めておすすめしたいと思います。

 

明治の「The Chocolate(ザ・チョコレート)」。

こちらも Bean to Bar を謳っている商品だけあり、市販の中ではかなり美味しいです。

明治のHP ↓ 

www.meiji.co.jp

 

 

 

当初は数種類だけだったのに、なんだかいつのまにかラインナップがめちゃ増えてる!

今では8種類もあるそうです。(でもHP内を今確認したら1種類は現在 販売休止中になっていました)

一番最近増えたのはビビッドミルクみたいですね。

 

私が好きなのは、

・エレガントビター (めちゃくちゃ余談だけど打ち間違えで今 エレガント豚ー ってなってしまった。エレガントな豚ってどんなだよ)

・フランボワーズ

・ジャンドゥーヤ

です。

 

もしまだ試したことのないチョコ好きな方は、ぜひどうぞ♪

 

 

 

<まとめ>

本当は、私が今気になってるチョコ屋さんのリストや 最近のチョコのトレンドのフレーバーについてを書くつもりだったんだけど、サードウェーブの説明がかなり長くなってしまったから、またいつかの機会に改めます。

 

よーし!頑張って記事書いたから世界一周チョコ、1つ食べちゃおっかなー、どうしよっかな~。むふふふ

ってことで、みんなも良いチョコライフを!

 

では股\(^o^)/

 

 

 

<おまけ>

ミニマルでは、チョコレート作りを体験できるワークショップが常時開催されているんだけど、行こう行こうと ずっと思いながら、私未だに行けてなくて...

カカオ豆から実際にチョコレートが完成するまでのプロセスを体験できます!おもしろそうでしょ?知的好奇心、くすぐられません??

 

チョコ好きの方、どなたか一緒に行きませんー?9月あたり。

ブログで出会った人と遊ぶのもなんだか楽しそうだなー♪これがいわゆるオフ会ですか?

めちゃくちゃ欲を出せば、同じブロガーさんだと嬉しいなあ、なんだかコラボ企画みたいでw

もし興味ある方は とりあえずお気軽にTwitterかインスタでDMください!どちらもアカウントは「omi_bloketsu」です。

 

あ、ついでに宣伝しとこ。みなさんSNSもフォローどうぞよろしくお願い致します! ペコリ。